【バリア機能をサポート】つつむトライアルセット

サエルインナードライ訴求バナー

【シミ・くすみ・毛穴を瞬時にカバー】アヤナスBBクリーム

【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット


敏感肌専門のスキンケア商品の中で、ぐんぐん人気が急上昇しているのがポーラ・オルビスグループの「ディセンシア」です。

 

雑誌にもよく掲載されていますし、芸能人の中にも愛用者が多数います。敏感肌や保湿、美白やエイジングケアといったワードで検索すれば、ディセンシアは必ずといってもいいほどヒットします。

 

何がそこまでいいのか?気になっているという方もいらっしゃると思います。

 

私も敏感肌タイプなのですが、ディセンシアを知ったばかりの頃は、他のメーカーの敏感肌専用商品とどんな違いがあるのか分かりませんでしたし、なぜ話題になっているのかも気になっていました。

 

口コミや感想を見てみるとかなり高い評価をしているユーザーもいますが、中にはマイナス評価の口コミもありました。一体どっちなの?と疑問でしたし、乾燥肌の悩みもどうにかしたいという思いも強かったので、ディセンシアの3シリーズを使いました。使い続けてもう1年近く経ちますよ!

 

ディセンシアには3つのシリーズがあり「アヤナス」、「サエル」、「つつむ」をどれも使い続けています。どんな効果があったのかをご紹介しますね!

私が実際に使って1年ほどたって感じたメリットやデメリットもご紹介します。購入前に知っておくべき情報もまとめましたので、興味のある方や購入をお考えの方は、ぜひともご覧ください!

 

ディセンシアの3シリーズラインナップ
アヤナス

老化が早いという敏感肌の特徴に注目したエイジングケア。
たるみや黄ぐすみ、ほうれい線でお悩みの方にオススメ。
2016年10月にはもっと進化した新アヤナスが登場!
トライアルセットは送料無料で1480円です!

サエル

敏感肌だから美肌効果が効きにくいという悩みに注目したホワイトニングケア。
シミやくすみでお悩みの方や、透明感をUPさせたい方にオススメ!
トライアルセットは送料無料で1480円

つつむ

敏感肌特有のお肌トラブル、乾燥肌のための保湿スキンケア。
ハリのなさや乾燥やくすみにお悩みの方にオススメ!
トライアルセットは送料無料で1470円

ディセンシアの知っておくべき7つのポイント

敏感肌用コスメはたくさんありますが、ディセンシアはコンセプトから違います!

もともと敏感肌用化粧品というのはお肌への刺激が少ない成分で構成されており、炎症を抑えられるようにし、トラブルの起きているお肌も元に戻すことを目指しているものがほとんどです。

 

しかし、ディセンシアもとのお肌に戻ることを目指したうえで、さらにお肌をより美しくすることをコンセプトとしています。図で見てみると分かりやすいですよ。

どうしても敏感肌に刺激を与えてしまうエイジングケアや美白ケアもあったようですが、ディセンシアは独自の研究を重ねて、より美しいお肌を目指すケアを実現させました。

 

敏感肌という悩みがあると、日々のスキンケアも楽しいどころか悩ましいばかり、ただ義務的なケアになってしまいがち。今までの敏感肌コスメとは大きく異なるディセンシアによって、スキンケアの楽しさを実感している人も増えています。

即効果が感じられるわけではありません!

実際にディセンシアを購入して使った方の体験談を見てみると、中には「効果を実感できない」、「可もなく不可もなく」というものもありました。

 

正直に言いますと、私もディセンシアを始めたばかりの頃は効果がはっきりと感じられませんでした。しいて言えば保湿感が感じられるくらいといったところでしたよ。

 

 

私は敏感肌でも軽度の方で、肌荒れの悪化や痒みというのはそうそうありませんでしたので、ディセンシアを続けていく中で、じょじょに少しずつお肌が強くなっていくのを感じていきました。

 

お肌のターンオーバー・新陳代謝という働きは、健康なお肌だとだいたい28日~35日周期となっています。敏感肌の方はこの周期が乱れがちで、代謝がスムーズにいかないケースがほとんどです。

 

スキンケアでディセンシアを使い始めたからと言って、すぐに効果が感じられるというわけではないのです。

 

ディセンシアには幾つかのシリーズがありますが、それぞれトライアルセットがあります。トライアルセットは使用感を試す程度のものなので、ディセンシアの効果を本当に実感するならば現品サイズを1つ使い切るか、2か月ほど使い続けるということを決めてスタートすることがポイントです。

1つのシリーズに限定しなければならないわけではありません!

ディセンシアには3つのシリーズがあり、アヤナス、サエルが利用できます。それぞれエイジングや美白、保湿に特化した商品となっているのが特徴です。「エイジングケアと美白が気になる」という方や「美白だけでなく保湿もしたい」という方もいらっしゃると思います。

 

私のようにエイジングケアも美白も保湿も全部どうにかしたいと欲張りなことを考えている方は、ディセンシアの全シリーズを一緒に使ったってOKなんですよ!

 

お肌の悩みでも最も気になるものをメインにするのは当然ですが、朝はエイジングケアをして、夜は美白ケアをするというスキンケア方法でもOKなんです。その逆もまた然り。個人それぞれのお肌の悩みや使用感にあった使い方ができるのが、ディセンシアの特徴でもあるんです。

 

私が今使っているのは、アヤナスが中心で、サエルもサポートケアとして使っています。

脂性肌、脂性ニキビ肌タイプには不向きです

乾燥敏感肌向けのスキンケア製品であるディセンシアは、保湿力の高さが魅力です。そのために脂性肌や脂性ニキビ肌タイプの方には不向きだと言えます。

 

脂性肌や脂性ニキビ肌タイプだという方は、使った時に症状の悪化の可能性もあるので、使わないのが無難でしょう。

 

しかしながら自分では脂性肌と感じていても、実はインナードライでお肌の内側が乾燥しきっているというケースもあります。

 

お肌の内側の潤いが失われてしまっているインナードライの場合、乾いた内側の細胞をどうにかするために自己防衛反応が働きます。その結果皮脂を余分に分泌させようとします。内側が乾いているのにお肌の表面は脂っぽさがあるのなら、それはディセンシアが有効なお肌トラブルだと言えます。

健常肌の場合には効果の感じ方が早い!

敏感肌専門スキンケア製品なので、お肌が健康なら効果がでないのでは・・・と考える方もいると思います。しかし健康なお肌の方でも使えますよ!

むしろ健常肌の方が美白や保湿効果、エイジングケア効果が発揮されやすい、感じやすいというメリットがあり、効果の現れ方も早いと言われています。

 

敏感肌と一言で言っても、詳しい定義というのは決められていません。
女性の約8割の方が敏感肌という説もあり、その中でも自覚している人は約半分、自覚ナシというケースも2~3割ほどだと言われています。

 

自分では健康なお肌だと思っていたのに、実際には敏感肌だったなんてケースもありますので、お肌の状態が悪化しないうちにディセンシアでお手入れしておくというのも大切ですよ。

防腐剤無添加だから絶対に安全というわけではない

防腐剤を使用していないという魅力がある無添加化粧品は、お肌に負担をかけずにスキンケアできるという案新館があると思います。ディセンシアは無添加化粧品ではありません。

 

敏感肌専用=無添加化粧品というイメージも強いと思います。例えば、自然派として人気のあるオーガニック化粧品は添加成分の代わりになる植物成分を配合していることが大きな特徴です。けれども敏感肌の方には植物に関するアレルギーが関係している人も多いため、実際のところオーガニック化粧品が使用できないという方もいらっしゃるのです。

 

例えば、フェノキシエタノールは防腐剤として広く知られています。。
パラベンと比べた時にフェノキシエタノールは確かにお肌にとって低刺激だと思われがちです。けれどもフェノキシエタノールも気になるという方も増えています。

 

ディセンシアは製品劣化対策のために、少量のフェノキシエタノールを配合しています。

 

そのためにフェノキシエタノール類の防腐剤を使っていない無添加化粧品とは言えないのです。安心感を感じられる無添加化粧品はですが、腐敗した化粧品というのはお肌へかなりの刺激物となります。肌荒れの原因や悪化の要因となりますので、敏感肌の方にとっては要注意なんです。一

 

一度買った化粧品は、いつだって安心して使える状態のものであってほしいですよね。

 

けれども一度封を開けて毎日のように使用するものですから、どうしても空気中を漂う菌やどこかしらから雑菌が紛れ込むもので、手に着いた雑菌だって腐敗の原因となります。

 

製造する段階では厳しく管理された環境の中で生成されるでしょうが、一度ユーザーが購入して封を開けて使用すれば、そこからは製品劣化をどうにかして防ぐ方法が必要となります。

 

ディセンシアはポーラ研究所で製造される際に、抜群の品質であることなど厳しいチェックが入ります。敏感肌専用のスキンケアとして研究や改良も重ねられています。無添加が必ずしも良いというわけではなく、ディセンシアはディセンシアなりの安全性を追い求めているのです。

お手入れを続けることが大事!

敏感肌にも使えるコスメでスキンケアをしているうちに、お肌に完全効果がみられたとします。すると敏感肌用ではない普通のスキンケア製品を利用しても大丈夫だろう、と判断する人もいらっしゃいます。しかし敏感肌だという人は日々のストレスや負担や刺激によって、敏感肌に戻る可能性がとても高いのです。

 

私もディセンシアの途中で別のスキンケアにシフトしてみたことがありました。

 

もう普通のスキンケア製品でも大丈夫かな?と思ってシフトしたのですが、結局お肌の乾燥が再度気になりだしましたし、鎖骨周辺にも赤みが出てきたので、あわててディセンシアにシフトしなおしたことがありました^^;

 

私のようにお肌の炎症を繰り返すのはNG!調子のよくなるスキンケアを継続していくことが大切なんです。

【バリア機能をサポート】つつむトライアルセット

サエルインナードライ訴求バナー

【シミ・くすみ・毛穴を瞬時にカバー】アヤナスBBクリーム

【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット